年齢を重ねること自体が不妊の原因をつくる。

私たち夫婦のように、最初から高度生殖医療が必要となるカップルには、人工授精や妊活サプリ ベジママなど可能性の低いことをやって時間を稼がないでほしい。

ある産婦人科に通っていたとき、あまりにもこれが多いので「単なる金儲けの手段では?」と思ったことが何度もあり,それが、治療を一時やめるきっかけになった。

子どもが欲しくて、切望して不妊治療に通っている夫婦にとっては、時間がものすごくたいせつなのだから。

それをぜひ考慮してほしい。

*年齢が高い人ほど、体外受精へジャンプアップすることは、選択肢の1つにしてもいいと思います。

私がジャンプアップという考え方をするようになったのには、いくつかの理由があります。

まず,不妊に関する因子が見あたらなくても、女性が年齢を重ねていくということ自体が、不妊の原因をつくることになります。

20代の女性が不妊治療で2年間費やしたとしても、そんなに年齢的な影響は大きくありません(もちろん,年齢がどうであれ、長期間妊娠に至らない状態は辛いものですが……)。

そして、30代後半の女性がステップアップの第二段階までの間に、2年を費やすということは、そのあと高度生殖医療にエントリーしても、結果がでない確率を上げてしまうことになります。

*いたずらに検査に時間をかけずタイミングよく治療をしてほしいんです。

素人の私にだって「絶対にいらない」とわかるような検査をするために時間をかけられて……。

いちばんいい時期を逃してしまったという思いでいっぱいです。

これまでの相談でも、タイミング法を1年、その後人工授精を十数回おこなって妊娠しなかった女性が1度の体外受精で妊娠に至ったケースなど、こうした例を数多く経験している私としては、機械的なステップアップには,考えてしまうことが多いのです。

IVFLesson・ステップダウンがあるなら、ジャンプアップもあっていい。